読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が変わったのだから、自分も変わらなくてはならない。

エンジニア兼デザイナーのナカモリのブログです。

【PHP】今日はZendFrameworkからLaravelに変えようと決めた日

PHP Laravel アプリ制作 Webデザイン

f:id:takahironakamori:20160221230120p:plain

今日は、サーバ側のプログラム言語をどうするかを考えていました。

ウェブサイトやWebアプリケーションを構築するときのサーバ側のプログラミング言語として最も使っているのがPHPです。

  • レンタルサーバによくインストールされている。
  • 日本語の情報が多い。
  • WordPressなどの有名CMSが用いている。
  • そんなに難しくない。

などがその理由です。そして、PHPのフレームワークとしては、僕はZendFrameworkをよく使っていました。しかし、今回からPHPのフレームワークとしては、Laravelを使っていこうと決めました。

ZendFrameworkを使っていた理由は「名前」

ZendFrameworkは出始めのことから使っていました。「Zend」ってついているし、スポンサーやパートナーが有名な会社だったので、これは長続きするだろうと思ったのが使い始めた理由です。使い始めた「そんなもんか」と思って使っていたのですが、ZendFramework2.xになってきてから、ちょっと面倒くさいなと思い始めました。

Laravelに決めた理由は「トレンド」

スポンサーとか付属する名前で決めるのではなく、実際にいろいろ使ってみてからどのフレームワークにするのかを決めたらよかったなと反省しています。しかし、実際に使ってみる時間もあまり取れないのが現状。そこで、下記の記事を参考にさせていただきました。

techstars.jp

この記事は、GoogleトレンドでどのPHPフレームワークがよく検索されているかを調べることで、

「検索されているフレームワークは人気がある=よく使われている」

という推測で人気比較しています。

上記の記事の結果では、日本ではCakePHPが人気ですが、世界でみるとLaravelが人気とのこと。また、フレームワークを用いたときの「速度」の観点ではPhalconが速いとのこと。CakePHPは少し使ったことがあるし、確かにZendFrameworkよりは使い勝手良さそうと思いましたが、世界のトレンドを重視して、Laravelを使ってみようと決めました。また、Phalconは、名前はかっこいいのですが、Laravelを使ってみてから考えることにしました。

やっぱりcomposerとか使うのね

最近のPHPのフレームワークのインストールは、

  1. zipダウンロードして、解凍して、
  2. 適当なディレクトリにアップロードして、
  3. 読み込む

という流れでは使えないのか?ZendFrameworkはこれができたから使い続けていたとも言えるなぁ。

一方、Laravelのドキュメントをみると

laravel.com

「インストールはcomposer 使ってください」とのこと。

composerか、まぁいいか。

Laravelのドキュメントを読んでとりあえず上図の表示はうまくいったので、がんばってLaravelをマスターしようと思います。