読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が変わったのだから、自分も変わらなくてはならない。

エンジニア兼デザイナーのナカモリのブログです。

【Google Analytics】Directが増えたのはなぜか?を考えたが、結論は出なかった

Google Analytics 日記

f:id:takahironakamori:20160222205304p:plain

あるウェブサイトのある日のアクセス数(セッション)が急増していました。前日と比較してみると、午後7時からぐっと上がっております。テレビかラジオとかで取り上げられたのかなと思いました。そこで、Google Analyticsで確認するとDirectが前日の4倍になっていました。何が起こったのかを考えます。

下の図は、Google Analyticsで調べたある日と前日の集客のチャネル、すなわち、流入元どこからそのサイトにやってきたのかの割合を円グラフにしたものです。

f:id:takahironakamori:20160222205622p:plain

ここで注目したいのが、Directが増えているということです。Directというのは、直接入力での流入を意味します。ここでいう直接入力とは、

  1. URLをブラウザに直接入力した場合
  2. ブックマークからのアクセスした場合
  3. QRコードを利用してサイトへのアクセスした場合
  4. メールソフトからアクセスした場合

があります。

増加し始めた時間が19時からなので、例えば、19時にテレビ放送で紹介されたと仮定します。テレビ番組では、URLやQRコードは紹介されにくいです。したがって、DirectではなくOrganic Search、すなわち検索エンジンからの流入が増えると予想できます。これについては、下記のページをご覧ください。

blog.takahironakamori.jp

また、19時にEメールをダイレクトメールを一斉送信したと仮定します。Directで増加した分は、セッション数で1,000です。メールを開いてくれて、リンクをクリックしてくれた人を1,000人獲得するにはすごいメールの数を送信する必要があります。実際、そんなことはしていません。

ブックマークからアクセスした場合を検討してみても、19時以降から急に1,000人もの人がブックマークからアクセスしたというのは、なかなか想像しにくいです。

さらに、例えば、その日からポスターや雑誌などの印刷物でそこサイトが紹介されたということも考えられます。その場合でも19時以降に一斉にポスターが貼られたり、雑誌が販売されたり、印刷物が配られるというのは想像しにくく、さらにその印刷物を見て、URLやQRコードでアクセスした人が1,000人以上いるというは、なかなか広告効果のある印刷物です。なので、現実的な理由とはなり得ないと思います。

さらに、このDirectでの流入のユーザを調べると90%以上がiOSかAndroid、すなわちスマホユーザ。ということは、わざわざURLを入力しての流入は考えにくい、QRコードかリンクをタップする方が自然。QRコードを読み込むのもそこそこハードルが高い。

そこで、例えば、グノシー、SmartNews、LINE NEWS、はてなブックマークとか、2chビューワーとかのスマホアプリでリンクが掲載されて、そのリンクをタップしたという場合はどうなるのだろうか。19時くらいにはてなブックマークのホットエントリー的なところで紹介されたら特定の時間に流入がぐっと増えるのはそんなにおかしくない。でも、おそらくリファラがない、すなわちDirectになるのだろう。

スマホでいえば、僕は「開発の都合」でプライベートブラウザで閲覧するのですが、その場合はリファラって送らない、すなわちDirectになるだろうか。

結局断定できず

数字で出ている以上なにか理由があると思われますが、明確な理由にはたどり着かず残念。特にアプリからの流入はわかるようにしてほしいな、ならないかなー、どこかに情報あるのかなーと思いながらも、今日の検討を終わります。