読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が変わったのだから、自分も変わらなくてはならない。

エンジニア兼デザイナーのナカモリのブログです。

【起業やフリーランスでデザイン・システム開発がしたい方へ】零細デザイン企業を1年間やって思ったこと

仕事 日記

f:id:takahironakamori:20160323234547p:plain

2016年3月23日で、僕が(有)ナカモリデザインの代表取締役になってちょうど1年になります。それまでは会社員でした。

妻とふたりの小さなデザイン事務所です。(※決算日は別です。)
「資金ショートしないかな?」と不安に思ったときもありましたが、なんとか1年間やっていくことができました。
いろいろな方々のお世話になりました。
ありがとうございます。

主な業務はウェブサイト、広告、アプリ、システムなどデザイン・開発の受託がメインです。僕も妻もデザイナーとか開発者、すなわちクリエイターです。ディレクターやプロデューサーではありません。一応法人ですが、外から見れば、フリーランスとあまり変わりません。

ということで、小さくてもいいから自分でITベンチャーを起業したいとかフリーランスでデザイナーしたいとか考えている方向けに、「零細デザイン企業を起業し、1年間やって思ったこと」を書きます。

1.前職の辞め方は非常に大事

僕の場合、1年たった今でも前職の会社から継続してお仕事をいただいております。
非常にありがたいことです。前職の会社に嫌われるような辞め方をしたら、前職の会社からのお仕事はなかったと思います。多額でない場合でも、1年間の合計するとそこそこの金額になります。

何度も言いますが、非常にありがたいことです。

 

2.前職の働きっぷりも非常に大事

今のところ弊社のお客様は

  • 前職でお世話になったお客様
  • そのお世話になったお客様からご紹介いただいたお客様

です。新規顧客開拓はしていません。前職の会社で適当な仕事をしていると、いざ会社を出るとお声をかけていただけない場合があり、新規顧客開拓をしなければなりません。新規顧客の獲得は、営業業務の中で最も難しく時間がかかることだと思います。その最も難しい営業をやらなくても初月から1年間忙しく仕事させていただきました。

これも非常にありがたいことです。大変申し訳ないことに、前職でお世話になったのに、まだご挨拶に行けていないみなさまもいます。ご挨拶に行かねば。

 

3.やりたいことよりやるべきことを

という感じで1年目は忙しく仕事させていただきましたが、弊社には弊社のウェブサイトはありません。銀行の方に「御社のホームページを拝見しました」とお話いただいたのですが、それはこのブログです。すみません。

自社のサイトでやりたいことはたくさんありますが、お客様からのご依頼に応え、制作作業を行い、納品しなければお客様との信頼関係が崩れます。さらに、僕は恥ずかしいことにお金がありませんので、お金のことも気になります。ということで受託業務ばかりやっていたら、自社のサイトは後回し、後回しすることになり、気がつけば1年経ちました。(という僕はこのブログ書いてますが…。)

 

4.経理の勉強は必ずしておかなければならない

クリエイターであれば、デザインやプログラミングの勉強は必然的、能動的にやると思います。個人事業主でも同じですが、会社の代表となるのでしたが、日商簿記検定2級レベルの知識は絶対必要で、できれば起業やフリーランスになる前までに勉強しておくべきことだと思います。

経理をまかせられる人が別にいるならいいのですが、僕には人を雇う余裕がないので、経理業務は全て自分でやっています。経理や事務業務が苦手で時間がかかってしまい、デザイン業務ができないという負のスパイラルにならないように気をつけなければなりません。

フリーランス(個人事業主)でいえば、2月や3月に確定申告の準備をしなければなりませんが、3月が決算月の企業が多く「今年度中に◯◯したい」とご依頼をいただく場合があり、納期前の追い込みと申告書作成が重なってしまうという危機が起こる可能性があります。

法人でいえば、経理・決算に加え、源泉徴収や年末調整などの給料計算など個人事業主と比べると事務作業が多いです。

また、「◯◯への支払いができない」という資金ショートに気をつける必要がありますので、クリエイターであれ、経理の勉強をしておくことは重要だと思います。

 

5.最後に

起業やフリーランスを目指す場合、よく「半年間仕事がなくても大丈夫な貯金が必要」とありますが、それより「起業やフリーランスになった瞬間にお客様からのご依頼に集中できる状況が作れるか」が重要だと思います。
そのために

  • 前職での働きっぷりや辞め方は非常に大事
  • やりたいことよりやるべきことを迷いなく選べるか
  • 経理・お金のことを事前に勉強しておく

の3つは起業1年目において非常に重要だったなと今思います。

弊社の場合、1年目はいわば「設立のご祝儀」だと思い、ありがたく仕事させていただきました。いい意味で試していただいていると思い、ご期待に応えれるようやってきました。お客様からからは1つのお仕事で終わることなく、継続してご依頼をいただいております。
ただただ感謝です。

といっても、たかが1年やっただけです。創業後3年で90%が倒産といいます。これからが、というかずっと毎日が勝負です。勝負といっても、お客様のお役に立つことでWin×Winの関係に近づけるよう努力する所存です。

これからもよろしくお願いいたします。